もくもく大作戦 2017-04-29T12:00:33+00:00

Project Description

もくもく大作戦とは

もくもく大作戦は、現在休校となっている京都市北区の雲ヶ畑小中学校を中心に行うワークショップです。雲ヶ畑の自然豊かな環境のなかで様々なワークショップを展開し、子どもの遊びの質を高めることを目的としています。

もくもく大作戦の「もくもく」という名前には、子どもたちの「もやもや」「ワクワク」という気持ちを大事にしたいという意味が込められています。また、大人用や一般用の機材を使う「ホンモノ志向」という考え方を大切にしています。

ワークショップは「つくる・語る・ふりかえる」という要素が含まれた学びであり、「つくるという協働体験」、「語るという表現」、「ふりかえるという内省」が非常にバランスよく組み込まれています。

もくもく大作戦の活動レポート

もくもく大作戦の活動の様子をブログで報告しています

第19回もくもく大作戦~もくもくハロウィンパーティー~実践報告

第19回目のもくもく大作戦は、台風上陸直前のため、あいにくの雨となりました。しかし子どもたちは朝から元気いっぱい!今回のテーマは「もくもくハロウィンパーティ」。 まずは、トイレットペーパーの登場。これを包帯に見立てて、ミイラ作り!途中で切れたりと苦戦しながらも、くるくるっと全身に巻いていきました。そして最後は思いっきり破っちゃいましょう。 次は、仮装のための衣装づくり。ビニール袋に絵を描いたりリボンをつけたり、恐ーいものもあればかわいらしいものもありましたが、それぞれ工夫して作っていました。時間を忘れてしまうほど没頭していました。 中にはもう一度ミイラを作ってしまう子どもたちも! さてさてお腹がすいてくる時間になると、自分たちで昼食づくりをしました。今日のメニューはみんな大好きカレーライス。手分けして切って炒めて煮て、そして待って、、家庭科室からはおいしい香りがしてきました。一方体育館ではこねて型を抜いて。パンプキンクッキーの焼き上がりが待ち遠しそうでした。 午後になると次は、お化けダンス!「スリラー」に合わせて踊りました。はじめは「え~」と恥ずかしがっていた子どもたちでしたが、すぐにかっこよく踊れていました。自分たちで作った衣装を着てダンスを踊って、気分はまるでゾンビかな? ダンスの練習枠をしている隣には、突如大きなドームが登場!!「なにこれなにこれ」と興味津々の様子。よーく見てみると新聞紙でできているんですね。 ドームの中で今日一日何をしたのか振り返ると、やっぱり最後はみんなで壊しちゃいましょう。 最後は作ったクッキーを食べながらRTVを見て、今回のもくもく大作戦を締めくくりました。 次回は記念すべき第20回!またの参加お待ちしています。

第18回もくもく大作戦 〜はちゃめちゃアドベンチャー〜 実施報告

18回目となったもくもく大作戦。この日はスッキリ快晴で、夏のもくもくにふさわしい天気となりました!雲ケ畑に到着すると、子どもたちは体育館を走り回ったり、すでにパワー全開で飛ばしまくりです。

第17回もくもく大作戦~もくもくふしぎミュージアム~実施報告

2017年度第1回目のもくもく大作戦は、もくもく大作戦の本拠地、京都市北区にある雲ヶ畑小中学校で行いました。 テーマは、「もくもくふしぎミュージアム」。こどもたちの手により、雲ケ畑はどんどんミュージアムに…!